福岡市早良区の歯科|歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科

みたらい歯科 ご予約・お問い合わせ 092-407-0489

みたらい歯科の診療科目

審美歯科

「えっ、審美? そんなの関係ないよ。保険で十分でしょ。」
「今は、前歯でも保険で白くなるんでしょ? だったら、保険で十分だよ。」
「奥の歯は別に、見えないから銀歯でもいいんじゃない。」

このようにおっしゃる方は、まだ日本には多い様に思います。
そして、ほとんどの方が保険治療のみで、十分な歯の治療が可能だと
思われています。
本当にそうなのでしょうか? 保険の歯の治療だけで、あなたの人生の輝きは
とり戻せるのでしょうか?

では、理由を簡単に述べます。

保険医療の適応範囲は、実は歯科医学の発展の中では、ほんの小さな範囲の治療内容を活用しているだけで、
現代の多様性のある成熟した社会においては、個性を持った個人の生活の質=いわゆる、Quality of Life に
対応できるほどの懐を有していません。

私が、実際に歯科医療を行っている側から見て、歯科の保険治療には明らかに限界があります。
何故なら、歯科医学は一般社会の方々が認識しているよりも、もっと懐が深く、多様に発展をしており、患者様や
人々をもっともっと幸せにできる学問だからです。

では、保険医療というものを少し解説させてください。

保険でつくれる前歯の特徴

まず、保険の前歯のかぶせものを、「硬質レジン前装冠」といいます。どんなものか、簡単に説明すると、
固いプラスチックを金属の上にかぶせつけている、というものです。表面がプラスチック素材のため、
平均で2~3年程度で黄色っぽく変色してしまいます。

皆さんの周りの方でもいませんか? 前歯のどこかに、明らかに他の前歯と色が違って見える、黄色っぽく変色した歯を
お持ちの方
が……。

また、保険の前歯の場合、変色はしていなくても、プラスチックですので、天然の歯の色、ツヤ、透明感を出そうと
思っても、それを出すことができません。
ですから、変色していなくても、「あれっ、この人の歯、他の歯と部分的に
違うな……。」と感じてしまいます。「あなたにこの歯はあっていない、おかしいから治した方がいい。」と分かっている友人だって、「もしかして、それで満足しているのかも……。」と配慮してか?教えてはくれません。

さらに、保険の前歯はプラスチック製のため、変色のみならず、水分を吸収することで、口臭の原因となることも
あります。

保険でつくれる奥歯の特徴

次は奥歯ですが、前から4番目の歯を保険が適用される銀歯にすると、笑った時に「キラッ!」と見えてしまう方が
多いですね(口のあけ方によって変わります。)。

また、たとえ奥歯であっても、下の歯だと大きな口を開けて笑うと、見えてしまいます。友人などと話をしている時に、「あっ、この人、意外に銀歯をたくさんしているんだな。」と思うことがあるのではないでしょうか。 もちろん、銀歯が
入ってることが全く気にならないという方もいらっしゃいます。

逆に、もう一方では「銀歯は絶対に入れたくない。」と思っている方が実はほとんどなのです。

しかし、実際のこととなると、白い歯を入れたくても、金銭的な事情で入れられない方が多いのが実情です。

ということは、本人は「別に銀歯でいいよ」。と言って、気になっていなくても、そのお口を客観的にみれる周囲の人の
多くは、実はとても気になっている
のではないでしょうか。

銀歯は気になる?気にならない?

たとえば、外見にとても気を配り、キレイにされているし、本人もこだわっているのに、笑うと銀歯が3本ぐらい見えて、前歯は3本も変色している28歳の女性がいたら、どう思われますか?
「顔もかわいいし、見た目もキレイなのに、歯まで意識が届かないのかなあ。」
とあなたは思いませんか?

つまり、それぐらい、他人から見ると、歯というのは見た目に影響があるという
ことなのではないでしょうか。

「白い歯がとてもキレイな笑顔」と「何気なくお口の中に銀歯がキラッと見える笑顔」、
どちらが魅力的だと思われますか? この質問は、歯科医師の意地の悪い、無意味な質問だったのでしょうか?

では、その違いには何かの価値があるでしょうか?

私が歯科医歯として、このペ-ジに目を通すあなたに、お伝えしたいのは以下の文章にあります。
それは、これを機会に、「歯だけは特別に自信があるんです!」と言える、今までよりも一歩前進した前向きな人生
変えてみませんか!
という事です。私が手がけた多くの審美歯科を施した患者様方、歯がきれいに、整うごとに、どんどん、何もかもが、
美しく生まれ変わって生きました。

「笑顔がステキな人」、そんな方の第一印象って、とても好感持てますよね!私生活のみならず、仕事においても、
第一印象がその結果を左右するほど重要
だということは言うまでもありません。

たとえば、営業をされてる方の営業成績が、会社を経営されてる方の会社の業績にも影響を与えてくるということがあるのではないでしょうか。爽やかな笑顔で素晴しい説明をされたら、「そうだなあ。」と感心してしまいます。
「魅力ある笑顔」は仕事を協力にサポートすること間違いありません。

相手に与える第一印象を大きく左右する笑顔。私達、みたらい歯科は、あなたの大切な笑顔を変えてしまうような銀歯を
保険で安くできるからという理由だけで、入れたくはありません。

患者A:「セラミック治療は、どうして、保険でできないの?」
歯科医師:「保険の中に設定がないからです。」
患者A:「…………。」

本来の人の幸福を追求する為の学問である歯科医学をベースにした歯科医療と、基本的人権を基盤に最低限の生活の保障
から考えられた日本の国民皆保険制度
の中での歯科保険医療には差があります。

このあまりにも大きなギャップの存在を伝えない国の医療政策が皆さんの人生を悩ませ・苦しめていると言っても過言ではないと思えるのです。
相手をガッカリさせる様な仕事なんて、私達、みたらい歯科はしたくありません。
私達、歯科医療の仕事は、歯を通じて、皆様方を幸せにすることなのです。

見た目が気になる方の対処法

私たちみたらい歯科のスタッフ一同は、あなたの健康と笑顔、そしていつまでも続く健康的な美しさを保ち快適な人生を楽しむことを切に願っています。
そこで、あなたの日々の生活をより豊かなものとするために『美しい歯』を
取り戻す治療=審美歯科治療を行っています。

見た目が既に気になっている方には、次のような対処方法があります。

ホワイトニング

クリーニング

歯の表面についた着色やタバコのヤニをお取りします。
歯石が付いている方は、この治療の前にスケーリング(歯石除去:保険適応です。当院では保険診療範囲として、
対応をしています。)が必要です。

ホワイトニング

タバコを吸っている方は、ご遠慮ください。
歯をお薬で白くします。

ホワイトニングには3通りの方法があります。

  1. オフィスホワイトニング
    歯科医院で行います。
    1回30分から1時間くらいかかります。
    数回の来院が必要です。
  2. ホームホワイトニング
    ご自宅で、自分自身で行います。
    効果が出るまで個人差はありますが、2週間から4週間の期間が必要です。
  3. デュアルホワイトニング
    上記(1)(2)のオフィスと、ホームを同時に実施するものです。

ラミネート・ベニア治療

前歯の表面を1mm程度、ごく僅かに削って、セラミックの箔(ベニア、ベニア板という言葉を想像すると解かり易い
かもしれません。)をはりつけ、歯の表面を美しく演出する治療法です。

この治療方法の、大きな特徴と利点は、全体を被せる治療よりも、歯を削る量が少なく、比較的短期間で美しい口元を
作ることができます。

ラミネート治療により、前歯の審美治療をした場合、劇的に笑顔が美しくなります!

最近、芸能人の方々この治療方法で、お口元を美しく演出されていますよね!
○○さん、○○さん、○○さん、○○さん、実名はあげられませんが、よく見ると、職業病でしょうか?
ラミネート美人、私には、分かります……。

セラミック・クラウン、セラミック・インレー

金属を使わない、セラミックのみのかぶせ物、詰め物です。現在世界的に歯科の世界では、アレルギー等の全身の健康の
ためにも、お口の中をノンメタル(金属をなくす治療)にしていく傾向にあります。

このセラミック治療は、作成された歯やその質感が天然の歯に近似していることが特徴で、さらに保険の前歯等での
弱点であった、装着後にかぶせた歯の変色がおきにくい材質でもあります。

なお、みたらい歯科では、CEREC(セラミック自動削りだしコンピューター)を導入し、通常のオールセラミック冠
よりも安価で提供できるシステムを導入しています。是非、一度お試し頂ければと期待しています。

ワンランク上の上質の噛み合わせや歯の質を楽しんでほしいと願っています。

ハイブリッド・セラミック・クラウン、インレー

セラミックに硬質レジンを練りこんで作成されたハイブリッド型(混合型)の材料を用いて白い歯を作ります。

ハイブリッドを用いて作成された歯は、保険の硬質レジン前装冠よりも、強度的、さらに、審美的にもすぐれては
いますが、セラミック冠のよりも歯の色が劣っており、やはり、レジンが素材の中に使われているために、色の長持ちには疑問があります。

どの方法を選ばれるにせよ、どんな方法があなたに最適か、十分に時間を取って納得が行くまで説明を行います。

その際にあなたのご希望をよくお聞きし、どんな方法があるのか、そして、あなたにはどんな方法が適しているのかを
一緒に考えましょう。

その際には、費用や注意点等を詳しく説明しようと思っています。また、ご不明な点や、心配なこと、何でもお気軽に
お話しください。

治療の方法が決まったら、その後、直ぐに治療に入りましょう。

なぜなら、私達は少しでも早くあなたの「素晴しい笑顔」が見たいからです。

保険治療と保険外の治療には精度の違いがある

ここでは、見た目に焦点を当てていますが、保険が適用される治療と保険外の治療は見た目以外にも大きな違いがあるのです。それは、治療の精度の違いです。

保険でも最善の治療が出来るかというと、それは現実的には難しいのです。

保険制度では、1つの処置内容の診療費用が予め決められています。
保険医療での歯科治療費の設定は、特別に上手な歯科医師が行っても、大学を卒業したての歯科医師が行っても、
その診療費用は全く同じ
なのです。その上、その費用は、歯科医学の教科書どおりに行えば行うほどに、結果として赤字に至るほどとても低く設定されているのです。

例えば、良い根管治療を行う為に、私は最低でも3回、根管の掃除や消毒を行っています。この処置は、真面目に一生懸命やると、1回の処置時間が30分はくらいかかりますが、保険医療の中で、この治療費用は140円~280円です。
(実際には再診料など、その以外の点数が加算されています。根管治療の費用のみでは、ジュース一本程度の価値の金額
なのです。)

保険治療で糸切り歯の1つ後ろの歯、(4番目の歯)に銀歯を被せる治療をすると約2万5千円の費用がかかります。
これを保険外診療のセラミック冠で精密に審美的に美しく作成したら8万5千円の費用がかかります。
費用の差は6万円です。これだけ金額に差があれば、治療の質に差が出るのはやはり、当然ではないでしょうか。

治療の質は、どれだけ「時間」と「手間」をかけるかによります。

金額が大きければそれだけ時間をかけられますから、手間のかかる治療法であったり、保険が効かない高価な材料を使う
ことも出来ます。

それは、既製服とオーダーメードの違い

よく例えで用いられるのが既製服とオーダーメードの違いです。私もオーダーメードのスーツは作ったことないのですが、既製服の限界は肌で感じています。

「これデザインは良いんだけど、き、きつい! もう少し、やせていたらな……。」
「これ、もうちょっと色が濃ければいいのにな……。」
「このスーツ、見た目は良いんだけど、肩がこるんだよね。」
「足の大きさが左右違うから、左右別々のサイズを買えれば良いのに……。」

このようなことを感じたことはないでしょうか?
これと同じことが歯科治療でもあるのです。

保険治療は、治療内容が予め決められており、それ以外の事を、その治療方法の名前を用いると、医療機関は罰則を受ける事になります。

良い材料や、良い治療法を、患者様に用いたくても、保険診療という枠の中では、使える材料、使える時間が限られて
います。

そうなると、できる範囲で、一人一人にあった治療をするのですが、どうしても医療の精度=結果が落ちる事に
ならざるをえません。精度が落ちると、洋服が体型に合ってないのと同じような不具合が生じます。

たとえば、その僅かな差が原因で、咬みあわせが合わなくなってしまったり、自分の歯とかぶせ物の間に隙間が
できてしまって、後日、むし歯が再発しやすくなるなどです。

しかし、保険外治療になると、十分な時間、高価な材料が使えますから、精度を十分に上げることができます。

精度が上がると、洋服が体型にフィットしているのと同じように、咬みあわせが心地よく、自分の歯とかぶせ物がしっかりフィットして、隙間を極限まで少なくすることが可能になるのです。

つまり、保険外治療=歯科医療の中であなたの歯の治療をすると、最先端で、良い材料を用いる事により、将来的に
2次的な問題が生じ難くなり、結果として、保険治療よりも長持ちすることで、あなたの人生をより豊かにしてくれます。

さらに言いますと、保険外治療ではドクターが持っている技術を最大限引き出し、そのドクターの最高の治療を受けることが可能になるのです。

しかし、保険治療では、時間と材料の関係上、最大:60~75%ぐらいのレベルの治療しか受けることができないのです。

また、オーダーメードであれば、「デザインをこうしてほしい。」とか「ここをもうちょっと、こうしてほしい。」
という要望に応えることが出来ますが、既製服であれば、あるものの中から選ばなければなりません。

それと同じように保険のかぶせ物だと、既製品の白い歯ですから、用いる歯の白色は限られていて、さらにその材質的特性から時間が経つと変色してしまいます。

しかし、保険の制約がなくなれば、色は天然の歯に合わせることが出来ますし、変色もしません。

何度も申しますが、これは歯科医師がしてあげたくても、残念ですが保険医である以上、規則の壁で、行うことが
できないのです。行うと、規則違反になります。

私たち歯科医師も、皆様方の苦しみと同じ様に、実は、苦しんでいるのです。

自分の大切な笑顔や口元に自信を持って生活していけること、
自分のお口を健康に保つために、最高の治療を受けること、
これらに、あなたはどれだけの価値を見出すでしょうか?

もし、価値を感じる方には、保険外の治療方法も含めて、あなたの大切な「笑顔」をサポートする「審美歯科」を、
将来の「夢」や「希望」とあわせて、真剣に検討されることを、歯科医歯としてお勧めいたします。

私のアメリカの父でもあります、審美歯科を創設した、歯科医学に名を残す、ロナルド・ゴールドスタイン先生が提唱する
「Change your Smile = 微笑をあなたに」。

みたらい歯科では、最新で、最高の技術で、あなたのご期待にお応えします。
その、お手伝いができますことを、切に願っております。

症例集

治療前
治療前
治療後
治療後
ドクターのコメント

審美歯科という治療はどんな治療方法を言うのか、考えさせてくれた患者様です。

 この方には、矯正治療、根管治療、前歯のハイパーセラミック治療、そして、歯の色と並びを微妙に揃え上げる為のボンデイング治療、全てを包括的に用いる事により対応したケースです。仕上がりの、「スマイル」、そして、
「お口元」を見てください。若々しく、エネルギッシュで、これからの「夢への期待」にあふれる口元に仕上がったと思います。

 この方は、前歯の歯並びが乱れていました。ご本人様は、当初は「何も気にされていなかった。」のですが、
私の方から「歯並びを治してみませんか?」とお誘いさせていただきました。何故なら、若く美しい女性にもっと
もっと人生を素晴しいものにして頂きたく、そのお手伝いを私は「できる」、「したい」と感じたからです。

 彼女は矯正治療を開始した当初、「こんな事して大丈夫だろうか……。」、という様な「おそる、おそる。」の
反応で、その為、こちらからのコミュニケーションにも反応が小さかった様に思います。私が手がけたどの
矯正患者様もほぼ全員その様な始まりでした。

 しかし、歯が思い通りの場所に動いた後(だいたい、3~4ヵ月後)は、「気持ち」、そして、気持ちの「反応」
が、初診時とは全く異なるものになりました。

 そうです、すでに患者様は新しい未来・人生へと「生まれ変わっている。」のです。この患者様の様に、
「前歯の乱れ」歯並びが、矯正治療で改善すると、治療に対する気持ちは「どんどん前向きになり」ます。

 そして、女性ですね、「良くなる。」と、「もっと良くなりたい。」、どんどん、小さな部分まで
「綺麗にして欲しくなる。」美への「こだわり」が生れてきました。そんな、「彼女」を「彼女の想像や希望
よりも」、「もう一ランク」上の治療結果で回答し続けることこそ、「私の歯科医師としての職人魂」です。
そして、それが「できた」ケースです。

 歯は矯正治療で、半年程度で並びますが、その後、後戻りしないようにするために、固定等を行いますので、
約1年後にワイヤーを除去できました。その後、左上の前歯の根管治療を行いました。根管治療は、地道で、
歯科医師によると審美歯科には含めて考えていない先生も多々おられます。しかし、私は違います。
見えないところも、レントゲン像の中での審美歯科、「白黒」の中でも美しく表現いたします。
何故なら、そこに歯科医療の本質が隠されているからです。根管治療の後、残念ですが、根管治療歯というのは、
枯れ木同様、歯の色が変色していますので、ハイパーセラミック治療を行うことにより、その色や形を改善する事になります。ここまで美しく「生まれ変わる。」と、「もっと、もっと、綺麗になりたい!」、そして、こちらも
「最高に輝かせたい。」と思い、お互いの気持ちと意見が一致し、最終的に右上2本、左上1本をボンデイング治療
する事により、自分の歯をほとんど削ることなく、表側に審美性硬質レジンを貼り付け、形・色を整えました。

 さあ、仕上がりの、「笑顔のお口元」をご確認して下さい。私に審美歯科を指導してくださる、
アメリカ・アトランタ市で世界一の歯科医療をされるロナルド・ゴールドスタイン先生の提唱する
「Change Your Smile=微笑をあなたに」が、患者様と力を合わせることで完成しました。

 さあ、あなたの魅力を最高に引き出す「笑顔」をもとめて、審美歯科はじめてみませんか! 
新しい人生の門出が待っています。

治療前
治療前
治療後
治療後
ドクターのコメント

インプラントも審美治療! この患者様は、右下奥の6歳臼歯の銀歯が脱離したため、来院されました。
患者様に、現在の状態(歯の根っこが割れている)などを説明し、長期的な観点からインプラント治療をお勧めしました。

 なぜ、長期的な観点からインプラント治療を勧めたのか、その理由を説明します。
それは、彼女の様に若く、銀歯を入れていた歯の根が割れて再治療になった場合。
その様な時の治療法は、主に抜歯からはじまる事になります。
なぜなら、割れた歯の根っこは歯茎の中で、セメントなどで安定的にくっつける事ができないからです。

 次に、治療方法になります。この患者様の場合は、仕事を大切にしていて、品性が整っており、年齢も若い女性というところがキーポイントです。つまり、今回入れる予定の歯は長期的にもたせなければいけないということです。まず、自分の歯を削らないでよい治療法方の「部分入れ歯」ですが、若い女性に部分入れ歯をすすめる歯科医は
あまりにセンスがないと思えます。このケースの場合、部分入れ歯は治療法の考慮の対象外です。次に保険で
対応可能なブリッジ治療になります。ブリッジ治療の利点は、保険で早く固定式の歯ができる事です。
この患者様の様に、後ろにつなぐ歯がある場合は、最適の治療方法です。しかし、間の歯を一本抜いて、手前の歯と後ろの歯でつなぎ、ブリッジを作成することで、つながれた2本の歯には、単純に1.5本分づつの負担が発生する事になります。2年や5年は問題なく経過するでしょうが、この方の様に「若い」方のケースでは、5年後に再治療になり、つないだ両方の歯が共に再治療不可の様な悲しい状況になっていたらと、「先をよむと...。」、
長期的に考慮して、歯に負担がかからない歯科治療方法のインプラント治療方法に必然的にいたるわけです。

 さて、治療後の歯、どの歯が、インプラントで支えられているか判りますか?
被せた、セラミックは判っても、インプラントがどれかは判らないと思います。この程度の質まで、若い女性の
お口の中にインプラントを入れるのであれば、品良く入れないと、受け入れてもらえないという事です。
この患者様は大変喜ばれて、左側もインプラント治療をする事を受け入れて下さいました。大成功のインプラントによる審美歯科治療の1例です。

治療前
治療前
治療後
治療後
ドクターのコメント

私が手がけた患者様の中で過去最高の出来と思える審美歯科の治療の仕上がり結果です。
これらは、ハイパーセラミック治療だからこそ、ここまで綺麗に仕上がったともいえます。

ハイパーセラミック治療には、CEREC3という歯科用の特殊なコンピューターを用いてセラミック冠を削り
作ります。通常の歯科医院なら、そこで、簡単な修正だけでセラミック冠を歯にセメントして、仕上げるのですが、当院の場合はコンピューターだけにはたよりません。当院では、コンピューター=CEREC3が削りだした
セラミック冠の最終の形態とバランスの修正を私が行います。やはり、コンピューターは歯のデーターを元に歯の
削りだすことはできても、唇・お口の大きさ・スマイルしたときの歯の見え方・また、歯の出っ張り感など、
それらは、生身の患者さんを直接見ておかないとわからない情報です。

当院のハイパーセラミック治療は、そこまで、詳しく患者様方の個性を引き出せるように工夫しています。
これこそが、患者様が満足し「えっ!」と一言もらす、こだわりなのです。他の歯科医院ではできません。

これらの歯を装着させていただいたこの患者様、私の方からは「私自身、過去最高のできです。」とコメント
しましたら、「私も鏡を見て、うっとりしています。」とお応えくださいました。やはり、ここまで仕上がりの
良い歯を作るには私自身もとても歯科医師としての集中力を使いきりましたが、患者様の一言のお応えがそんな
疲れを簡単に吹き飛ばしてくれました。この患者様の場合は前歯6本を一度に治療した事で、歯の色や形が
あわせ易かった事も、成功の一因に挙げておきたいと思います。

コンピューターを用いた最新の歯科医学が患者様の期待以上の回答を出した一例だと思います。
なお、本治療の一本あたりのセラミック冠の代金は通常よりも50%も安いことも付記しておきます。

歯内治療

「この歯の神経は抜いたと○○歯科医の先生は言っていたのに、
最近、急にしみるのは何故なんだろう?」
「この間、根っこの治療をして歯が入って噛んでみたら、
歯が浮いている様な気がするんだけど……?」
「ねえ、私、歯医者さんに行ったら、根っこに膿が溜まっていて、
治療では治らないから、抜いてインプラントにして下さい、って言われたんだけど、どう思う……。」

以上のような経験を、ご自身が、そして、周囲の方が経験されたことなかったでしょうか?

根っこの治療=歯内治療に関しては、患者様が直接見ることができないために、以外に、歯科医師も「事なかれ主義」
治療で終わるケースが非常に多いと専門家として思っています。
歯科医師のほとんどのHPにおいて、インプラントや審美歯科治療を強調しますが、歯内治療の重要性や治療技術の
研鑽度合いを紹介しているもの
がどの程度あるのでしょうか?
どんなに研鑽を積んだ歯科医師であっても、歯内治療に自信があるといえる歯科医師は極僅かだといえるのです。

実はほとんどの歯科医師は歯内治療の結果がコンスタントではなく、見せたくても、見せられない歯科医師が実は多い
のです。

私が予防歯科の大学院を卒業し、最初に着目した歯科治療内容が「歯内治療」です。私は大学院卒業後の最初の10年間を歯内治療を中心に研鑽してまいりました。

その結果、世界的に権威の先生から太鼓判を押され、その方法を教えて欲しいとまで言われる、方法論を確立しました。

歯内治療は私の歯科医療の魂の形でもあります。
他人にはない、特別な自信があります。

いかがでしょうか。術後は患者様にレントゲンの説明を行いました。勿論、患者様もその結果に大変喜ばれ、
感謝の言葉をいただく
事ができました。

では、なぜ歯内治療は難しいのでしょうか?
その理由を簡単に申し上げると、歯の中の目に見えない小さな先端部分を0.5mm単位で処置を行い続けないと
いけないからです。いわゆる、歯内治療には「根気」と「忍耐」が何よりも必要なのです。
さらに、病変を治癒させる為には、根管内の極僅かな病的な差を見出すような鋭い感性を歯科医師が持っていないと、
あなたの歯の中の問題を見出し(診断)、そして解決(処置、そして、治癒)できないのです。

歯科医師が、「リーマー」とか「ファイル」等何度も同じ様な事を続ける時があるかと思いますが、それが、
この治療法を行っている時です。

ほとんどの方にとって、歯科医院を訪れるきっかけになるのが、歯の痛みや歯の脱離等かと思います。その際には、
ほぼ全てのケースでこの処置が必要になるため、必須の項目であるにも関わらず、その術式の複雑さや何度も同じ事を
繰り返す煩わしさからか、歯科医師はこの治療を「ないがしろ」にしているケースが多いのです。

前歯の歯内治療は、比較的キャリアの浅い先生方でも、ほどほどの治療結果を出せるのですが、技術に最も差が出るのは
「奥歯の根充=根を最終のお薬で埋める治療」
です。

さらに、もう一言付け加えるならば、「ピッタリ」埋まっているのに「なぜか悪くなっている」事もあります。
それは、この治療法の「盲点」を抑える事で解消されます。

私の歯内治療の技術は、アメリカの恩師、ゴールドスタイン先生、ならびに、アムステルダム先生、さらには、
ワイスゴールド先生も認めていただいております。

私は「歯内治療」を、保険診療・自費診療、共に同じやり方で、器材等も変えずに、誠心誠意の治療を保険で
行っております。私は「あなたの歯の悪い部分」を治したい
のです。悪い所をさわる事になるため、正直治療中に
「痛い時」がありますが、「悪い所」を「見逃して」、「治ってない」のに「治った」と、「事なかれ主義」にするつもりはありません。私は歯科医師です。

私は、患者様方の「悪い部分」に「手あてをし、治す事」が大切だと思っております。

私たちみたらい歯科ではインプラント先にありきの治療形態ではなく、歯を保存する、その上で必要ならばインプラントもありえるという、自分がして欲しい歯科治療を皆様に提供して参ります。

症例集

治療前
治療前
治療後
治療後
患者様の感想

 本当に良くしていただいて、有難うございました。長崎市から通ってインプラント治療をしたかいがありました。ある方からの紹介だったのですが、インプラントだけでなく、噛み合わせを作るのが上手だと聞いて、飛行機で
通わなければならず、近くの歯科にするか迷いましたが、行ってよかったと思っています。今では、先生をはじめ
優しいスタッフの方々の対応も含めて、このインプラントの歯の輝きに心から感激しています。

 自分の歯が戻った気がします。そして、歯を綺麗にした事で、5歳以上は若返ったと感じています。歯の影響力って凄いもんだと、この年で気付かされるとは思いもよりませんでした。

 このインプラントの歯は、久しぶりに会う方々から、「歯がきれいですね、どこで治療をされたんですか?
若々しい……。」と次々に尋ねられるほど、インパクトがあるようです。そして、何よりも、入れ歯を
していた時は、あちらこちらが痛んだり、お餅を食べていたら、入れ歯が緩んだり、食事中に煩わしい思いも
しましたが、インプラント治療をした今回は、何でも気持ちよく食べれるようになりました。
「がぶっ。」、「がりがり。」と噛み付けるんですよ。どんなものでも。気持ちがいいんです。

 もう一度与えていただいた、インプラントの歯で、これまで以上の楽しい暮らしをしていきたいと思います
。長崎からは遠いのですが、定期健診に伺った際には、よろしくお願いします。しかし、スタッフさんが毎回
してくれた、「歯ブラシ」は寝てしまいたくなるほど、気持ち良かった。また、お願いします。

ドクターのコメント

この患者様は、比較的簡単なケースでした。インプラントは、右上に2本、左上に3本の合計5本埋めています。
フラップレス手術という、術後の腫れや痛み等が出にくい手術方法を行いました。手術後は、経過も順調でしたね。
そこで、手術の当日より、仮の歯をつけて、普通通りの生活をして頂きました。食事もいつもどおりにできたと聞いています。インプラントは埋めて直ぐに歯を立てれるのではなく、インプラントと骨が付くまでに一定の期間が
必要です。インプラントが歯茎と結合する期間(通常3~4ヶ月)の間に、上の前歯(合計5本)の治療や下の歯
(合計13本)を治療しています。勿論、仮の歯が入っていますので、治療中だからといって、歯が無い等の不愉快な思いはさせない様に配慮して他の歯の治療もさせていただきました。全体の歯の治療の流れも、スムーズに
行きました。仕上げの際、前歯のセラミックは、当院も導入しているセレックという、コンピューターの器械で、
セラミック歯を一本ずつ丁寧に削りだして作成しました。その上で、最終的には、彼の歯の個性を出す為に、
一つ一つセラミック歯の仕上げの彫刻を私が行い、微妙な変化を各々の歯に与えることでより質の高い歯に仕上げ、個性が上乗せされた自然感のある歯に演出し、写真の様な歯に完成しました。

 治療期間は1年間ぐらいでした。長崎市より、1週間単位で、2ヶ月に1度程、ご来島されていました。
ご来島された時は、毎日2時間ほど、集中して治療をしました。全体を扱った治療にしては、全体の治療期間は
短い方ですね。

 私が感心したのは、何よりもわざわざ長崎市から通われる、強い意志でした。

 こちらこそ、たくさんの経験と勉強をさせて頂きました。これからは、予防歯科を継続することで、明るく、
何でも食べれる楽しい生活のサポートをさせていただきたいと、スタッフ一同思っています。これからも、
笑顔で会いましょう。ありがとうございました。

治療前
治療前
治療後
治療後
患者様の感想

 長期間の治療でしたが、私自身、歯に対する考え方が違ってきたと思います。だんだん完治間近になっていく
歯を見るたびに自然と顔が弛んで綻んでいます。

 最後に皆様の明るい笑顔と先生の妥協しない治療に対して素晴しいと思いました。

 感謝しております。

 T市・K M 様より

ドクターのコメント

 治療前の歯は、F市の某有名歯科医院で5年ほど前に治療されたとの事でした。対馬の方は一般的に
「対馬には良いものはない。」と諦めている方が多いように思います。そこで、良いものを買う、する、等の場合は都会に行かれる事が一般的です。

 しかし、私がこの患者様にも申し上げたのですが、「対馬から来た。時間に制約があるので、歯を早く入れて
欲しい。」とお願いした場合に、どの程度、その歯科医師の先生の実力が引き出せるのかという事です。
すなわち、自ずと「早く終わる。高額治療におおよそさせられる。」ということです。結果的に、インスタント的な割り切りの治療になり、患者様方が、遠くまで無理をしてでも通い、頑張ろうと思った気持ちや、さらには、
その方の個性を引き出す、次元の高い治療では無いように思います。

 美味しい料理は、準備がしっかりしています。心のこもった職人が、食材を吟味する所からはじまり、
下ごしらえを十分にして、仕込んだものを、丁寧に作りあげる。さらに、盛り付け、コースの流れ、
その日の空気さえも微妙に読み取りながら、美しいお皿に、彩りを添えながら、心を込めて仕上げていきます。
一流の料理人の心意気とおもてなしです。私は、歯の治療も同じだと思っています。

 さて、この方の治療、インプラントを10本(右上に2本、左上に3本、右下に3本、左下に2本)埋めた後、
「早く歯を入れて欲しい。」と催促を何度もされましたが、私の歯科医療人としてのこだわり、この方の今後の
人生を彩る為にも、全てのステップに手を抜かず、丹精込めて仕上げました。仮歯も、本患者様の個性を引き出す
ために、3度、4度作り替え、お口元の張り、そして、唇から見える歯の大きさ、お顔の肌色にあった歯の色の選択、そして、それらが微妙に織り成す光と影さえも意識して歯を作り上げました。

 新しくインプラントのセラミック冠が入った日、患者様は感激して、涙を流されました。私自身がこの患者様とのストーリーの中で最も感激したのは、治療の途中で、ご主人様が「可愛くなったね。」と還暦を一つ前の年に
言ってくれたと、私に興奮気味に教えてくれた時です。私も涙がこみ上げてくる様な感激をいただきました。
そんな、治療を今後も、患者様方との共同作業で、作り続けたいと思っています。

 K Mさんこれからは、予防歯科=定期健診、頑張っていきましょう。

 今のあなたは、これまで以上に輝いて見えます。

抜歯をしないコンセプトの矯正治療

咬合育成・矯正歯科治療

矯正歯科治療

矯正治療を行っていると、以上の様な質問を受ける事があります。それらは、

  1. 「この子は3歳前なのですが、もう、前歯の歯並びがずれているように思うのですが、
    どうしたら良いのでしょうか?」
  2. 「咬合育成治療って、初めて聞きました、どういう内容なのか教えてください。
    乳歯の時からワイヤーをつけて大丈夫なのですか?」
  3. 「みたらい歯科さんでは、舌を観察して、歯並びの将来予測をしてくれると聞き来院しましたが、
    うちの子供はどうでしょうか?」
  4. 「矯正治療をするときは、必ず歯を抜かないといけないのですか?」
  5. 「私の場合は、年齢が60歳も越えているのですが、矯正治療はできますか。」

では、回答を以下にいたします。

「この子は3歳前なのですが、もう、前歯の歯並びがずれているように思うのですが、
どうしたら良いのでしょうか?」

咬合育成のコンセプトを用いれば不正咬合の予防は可能です。

近年は、少子化の傾向、子供を授かる年齢が高い傾向なども散見され、さらには、
社会的な子育ての厳しさの論調から、保護者の方々は、ちょっとした子供の変化に
過敏で、その最高の答えを得ようと懸命に動く姿が印象的です。
特に、保護者の方々自身がむし歯や歯並びで苦労された経験をお持ちの場合はなおさらです。以前は乳歯期の歯並びは見過ごされる傾向にありましたが、その様な環境の中
現在は、1歳半健診・3歳健診において、むし歯はあきらかに減少の傾向にあるの
ですが、それとは逆に歯並びの質問をされることが多くなってきました。

そこで大切なのが、咬合育成のコンセプトなのです。咬合育成は「現在の状態から、
将来発生する可能性がある歯並びや口腔周囲の問題点を予測し、その原因に対処する
為に子供たちが各々本来持っている固有の成長発育力を活用して、その不正を
乳幼児期からの定期的な観察により予防する、または、その程度を可及的に小さくすること。」です。

ですから、小さい頃から、気になったときが、咬合育成を開始する時期といえます。

私たちにあなたのお子様の未来の為の診療をさせて下さい。スタッフ一同心からご来院お待ちしています。

「咬合育成治療って、初めて聞きました、どういう内容なのか教えてください?
乳歯の時からワイヤーをつけて大丈夫なのですか?」

乳歯にブラケットを貼り付けることに問題はありません。
逆に咬合育成のブラケットを乳歯に装着し「ゆっくり、丁寧に、少しずつ」動かすことで、乳歯列が永久歯列に変わっていくその子供本来の成長発育力が生かされ、少しずつ正常な歯並びへと修正されていく事に
なります。永久歯は乳歯の根先にあります。乳歯の根っこは「永久歯の誘導灯」の様なものです。
ですから、乳歯を正常な場所に導くことは、永久歯を正しい位置に導くという事に繋がるのです。

また、乳歯が生えている間は、その後の生え変わりの関係から、歯茎の骨も柔軟性に富んでいて、歯の移動が簡単であったり、形態の変化も行いやすかったりと、歯の移動が早く、正確にできるという大きな利点
乳歯期にはあるのです。

ただし、それゆえ非常にデリケートな時期でもあり、乳歯に矯正装置をつけると、早く抜けてしまう、逆に
自然な歯の抜け代わりができないなどの問題点も生じます。それゆえ、咬合育成ではご家庭との十分な
コミュニケーションを基盤にしながら、慎重かつ柔軟性のある治療計画が必要です。なお、回答1に咬合育成に関して書いていますので、ご参照下さい。

私たちにあなたのお子様の未来の為の診療をさせて下さい。スタッフ一同心からご来院お待ちしています。

「みたらい歯科さんでは、舌を観察して、歯並びの将来予測をしてくれると聞き来院しましたが、
うちの子供はどうでしょうか?」

舌や口腔周囲の筋肉の状態を適切に判断することで、その子供の歯並びの将来予測は可能です。
しかしながら、歯科医師が舌や口腔周囲筋の不正に関する判断基準=咬合育成のノウハウ
(診断力・筋機能訓練・矯正治療)を持っている事が大切なポイントです。

矯正歯科

実は、咬合育成という学問はまだ歯科医師にとっても一般的な学問ではありません。
この学問を考え出したのは、北海道・釧路市で小児・矯正歯科医院を30年開業する高田泰先生です。
高田先生は30年来の小児矯正歯科の開業で得たノウハウで子供達の歯並びの予防ができないか等を経験則的につなぎ合わせる事で、この学問に至ったのです。

私は栃木の友人の歯科医師の紹介で、この学問と高田先生を知る事になりました。その時には、ここ九州ではほとんど咬合育成が知られていない事ショックを受け、この学問を九州で普及する為に、私は全力を尽くし、高田先生のセミナーにおいてはお世話係りやセミナーのインストラクターさらには勉強会の会長等を歴任
しました。

ですから、当院の子供の成長・発育に関する診査・診断は「特別だ」と患者様方から高い評価を
得ているのです。欧米のように歯の健康は人生さえ左右する時代がすでに始まっています。
美しい歯並びや口元の「最高の笑顔」は将来への「通行手形」
です。歯並びの不正がはっきりと発現しては
遅いのです。歯並びも予防の時代になりました。私たちにあなたのお子様の未来の為の診療をさせて下さい。
スタッフ一同心からご来院お待ちしています。

「矯正治療をするときは、必ず歯を抜かないといけないのですか?」
矯正歯科

歯を抜かない非抜歯の矯正歯科治療は、私の矯正治療の特徴です。もちろん、むし歯や歯周病が進行して歯の長期的な保存が不可能と判断された場合または親知らずなど抜かざるを得ない歯は、患者様ごとの
ライフスタイルや個人の状態にあわせて十分に説明をし、納得を頂いたうえで、抜歯をさせて
いただくこともあります。

以前の矯正治療は一般的に、歯列不正=歯が生えるスペ-スの不足を補う為に、主に糸切り歯の後ろの歯を
抜くことでスペースを得て、歯並びを整えていました。

しかし、誰だって抜歯は避けたいですよね!

私が非抜歯矯正治療をはじめたのは、前述高田先生よりベッグ法を用いた矯正治療のノウハウを習得したからです。

非抜歯の矯正治療は抜歯矯正よりも時間が少しかかりますが、やはり、大切な自分の体を維持できるという
大きな利点があります。

抜歯「する」「しない」よりも大切な事があります。

歯科治療において、それは、誠実な「診査・診断」と「適切な治療計画」だと思います。 
宜しければ、矯正治療のご相談にお越し下さい。スタッフ一同心からご来院お待ちしています。

「私の場合は、年齢が60歳も越えているのですが、矯正治療はできますか。」
矯正歯科

矯正治療に年齢の制限はありません。60歳以上でも矯正治療は可能です。
この年代の方に矯正治療が難しいという定説は、この年代の方々には一般的に歯周病がみられたり、また、
歯の本数が少なかったり、とくに奥歯が欠損していると矯正力がかけられないことも実際にあるための
風評だと思います。(写真患者様は50歳代の女性です)

しかしながら、近年ではアンカー・インプラントといって小さく簡単に撤去可能なインプラントを一時的に
埋め、そのインプラントの抵抗力で歯を動かすことも可能な時代になり、奥歯の欠損を理由に矯正治療が
できないという事はなくなってきました。何よりも現代は60歳をこえて人生に一段落し、人生を楽しみたいという方が増加してきました。そのライフスタイルの変化にともなって、爽やかな「笑顔=スマイル」
楽しい時間を過ごしたいという希望により、当院でも成人の方々の矯正希望者が増加しています。

あなたの素晴しい「ほほえみ」のために生き生きした美しい口元と笑顔を演出してみませんか。
是非、私たちみたらい歯科に、そのお手伝いをさせて下さい。宜しければ、一度診察にお越し下さい。
スタッフ一同ご来院心からお待ちしています。

ページTOPへ戻る